楽しいはずのリゾート女子旅も

待ちにまったビーチリゾートへの女子旅、卒業旅行、サークル旅行、新婚旅行。

でも、そんな楽しいはずの南国リゾート旅行が、ちょっとしたことで天国から地獄へ真っ逆さまにならないようにしっかりと準備を整えて出かけましょう♪

このサイトは昨今の諸事情に合わせて、沖縄、石垣島、宮古島など国内のビーチリゾート旅に合わせて編集しなおしています。

陽射し・紫外線が半端ない!

ビーチリゾート女子旅1

あなたが出かけるビーチリゾートはどこですか?

沖縄には、与那覇前浜ビーチ(宮古島)、水納ビーチ(水納島)、コンドイビーチ(竹富島)、瀬底ビーチ(沖縄本島)、古座間味ビーチ(座間味島)など訪れてみたいビーチがいっぱい!

でも、強い日差しのビーチには実は危険もいっぱいなんです!

そんな危険な目にあった失敗談から、

ビーチリゾートに何を持っていくべきか?

行くまでに何を準備すべきか?

一緒に考えていきましょう♪

失敗談!南国の強烈な太陽光

モルディブの強烈な太陽は対策が必須!

  • わたしは長袖&ハーフパンツで泳いでいたのですが、夢中になって1時間ほど潜っていたら、ヒザ下からふくらはぎにかけてかなり日焼けしてしまいました。
    それから数日間、日中はもちろん、お風呂に入るときも、ふくらはぎがものすごく痛かったです!(>_<) 皮もむけちゃいました。(こんなに皮がむけたのは、人生初)
    服を着ていた部分はなんともなかったので、シュノーケリングの際は、水着の上に長袖+長ズボンをはいて、潜ったほうがいいです。
    ちなみに、水着だけで泳ぐと、背中全体と、太ももから足首の裏側にかけて、やけど状態になるといってました。
  • 赤道直下なので日差しは真上から来ます。
    だから、髪の分け目と肩の上が要注意です。
    あと、私がモルディブに行ったときに大失敗した人がいました。
    シュノーケリングは太陽に背中を向けているにも関わらず、首筋やふくらはぎに日焼け止めを塗るのを忘れていたのです。
    しかも、Tシャツを着ずにシュノーケリングをやっていたとか。。。。
    日焼け止めを持っていても使い方を間違えると役に立たないので気をつけてください。

南国リゾートにサングラスは必須

  • 憧れのハワイのビーチでのんびり読書をしようとしました。
    しかしハワイのビーチの日差しの強さをなめていました。
    あまりの眩しさにまったく本を読むことができなかったのです。
    ハワイなど、南国のビーチリゾートに行くならばサングラスは必須だと思いました。
    もちろん現地でも購入することは可能でしょうが、お店で自分に合うサングラスを探すのは簡単ではありません。
  • 沖縄も赤道直下のビーチリゾートほどではないにしても、強烈な紫外線が降り注ぎます。
    その強さは東京近辺の1.5倍ほど!
    特にビーチでは白い砂浜や波からの照り返しも加わるので、ハワイやモルジブほどではないにしても十分に注意が必要ですね。

体・顔に塗って日差しをガード

南国のビーチリゾートに日焼け止めは必須!
しかも、ウォータープルーフで最高ランクのSPF50、PA++++のものが。

化粧品に関しては、普段使いのものを小分けにして持っていくのもいいですが、ここは、ちょっと奮発して、美白・保湿・敏感肌用の高級化粧品を持っていくのがお肌にとってもいいのではないでしょうか。

トライアルセットならば、高級化粧品がリーズナブルな価格でお試しできます。持っていくのも楽ちんですよ♪

おすすめ日焼け止め

日焼け止めといえば、資生堂の『金のアネッサ』が有名ですが、
・ウォータープルーフなのに落ちやすい
・人によりけっこう焼ける
・顔への使用に向いてない
・敏感肌だとかゆみ・赤みが出る
という方もいらっしゃるようなので、こちらをおすすめいたします。

POLA ホワイティシモ UVブロックシールドホワイト

ポーラの薬用美白日ヤケ止め美容液『ホワイティシモ 薬用UVブロック シールドホワイトプラス』がおすすめ♪

・50ml 4,180円 税込
・SPF50+、PA++++ 顔、からだ両用の薬用美白日焼け止め美容液
・ビーチでの水、汗に強いウォータープルーフ
・専用のクレンジングは必要ないので手間いらず
・美白有効成分ビタミンC誘導体や甘草エキス・マジョラムエキスなど独自美容成分配合

詳しくは↓↓↓こちら!


*首周りはもちろん、耳の裏側までしっかり塗りましょうね♪

おすすめ化粧品

超一流化粧品メーカーが、いろいろなトライアルセットを出していますので、自分のお肌に合いそうなものを持っていってはいかがでしょうか?

念のため、旅行前に1度は使ってみてくださいね♪

POLA モイスティシモ 2週間トライアルセット

角層の潤いを追求しつくしたポーラの高保湿スキンケアセット

・ビーチリゾートでお肌のカサカサ感を気にせずに遊びたい、ゆったりしたい方へ
・2週間分 3,520円 税込
・クレンジングクリーム、ウォッシュ、ローション、ミルク、クリームのセット
・とろりと肌を覆うように守り、じんわりと浸透する大人のための高保湿スキンケア

詳しくは↓↓↓こちら!


ディセンシア サエル 10日間トライアルセット

ディセンシアはポーラ・オルビスグループの敏感肌専用ブランド

・ビーチリゾートで敏感肌によるシミ・くすみを気にせずに遊びたい、ゆったりしたい方へ
・初回限定 980円 税込 送料無料
・研究・技術力に定評のあるポーラR&M研究所開発
・敏感肌の方特有のシミサイクルを白へ巻き戻していきます
・薬用美白化粧水、薬用美白美容液、薬用美白クリームに、今ならCCクリーム(SPF50+、PA+++)を1包プレゼント
・30日間返品保障付き(ぜひ旅行前に試してみてください)

詳しくは↓↓↓こちら!


琉白(るはく)トライアルセット

琉白は沖縄生まれの、日本人のための国産オーガニックスキンケア
沖縄旅行には沖縄素材の化粧品がピッタリ!

・オーガニックにこだわりをお持ちの方へ 沖縄にお出かけの方に特におすすめ
・7日分 990円 税込 送料無料 
・沖縄の「月桃」という伝統ハーブの美肌効果に衝撃を受け、作られた国産オーガニックコスメ
・有機JAS認定の月桃葉をエコサート認定工場で蒸留した月桃葉水使用
・天然保湿成分を含む「海ぶどう」、お肌への浸透力のある「沖縄海洋深層水」も配合
・30日間返品保障付き(ぜひ旅行前に試してみてください)

詳しくは↓↓↓こちら!


化粧品ではありませんが、海でおもいきり楽しむために♪
・ワキの黒ずみがちょっと気になっている方へ


身に付けて日差しをガード

見た目はもちろんのこと、
・強烈な紫外線をきっちりガード
・濡れても乾きやすい
・動きやすいもの
を選びましょう。

ビーチリゾートにおすすめ帽子

キャップだと髪結んでいると耳とか首の後ろが焼けるので、つば付きのサファリハットのような帽子がおすすめです。

たとえば、折りたためてかさばらず、海風にも強く、紫外線をカットするこんな帽子がおすすめ♪


ビーチリゾートにおすすめサングラス

ビーチリゾートでは、燦々と降り注ぐ日差しも、砂浜からの照り返しも半端ないのでUVカットサングラスは必須です!

お気に入りのサングラスを持っていきましょう。
船やボート、マリンアクティビティにも挑戦するならネックストラップも忘れずにね♪

下のサングラスは、UVのみならずブルーライトも遮断するハイスペックメラニンレンズ使用のサングラスです。


おすすめラッシュガード、ラッシュガードトレンカ

南の島のビーチリゾートで半袖Tに短パンは「日差しを舐めとんのか?」と言われるレベル。

ビーチには、泳ぎやすい体にフィットしたラッシュガードをぜひとも持っていきたいものです。

UVカットの長袖、パーカータイプのラッシュガードなら、泳いでよし!寝そべって良し!機内やホテルでも、ちょっと肌寒い時にも重宝します♪



下半身を紫外線、水中のサンゴ、岩場から守るラッシュガードトレンカも絶対に準備しましょうね♪


失敗談!サンゴ礁の海は危険がいっぱい

キレイなサンゴも泳ぐときは危険

  • 持って行って良かったものはアクアシューズ
    ビーチサンダルじゃ、珊瑚の海はキケンです。
    特に浅瀬を泳ぐにはアクアシューズじゃないと足の甲をケガします。
    あと、グローブがあればいいかも。
  • リゾート地なのでビーチサンダルの方がムードが出るかと思い購入していったのですが、靴擦れができ大変辛い思いをしました。
    観光時は歩くことが多くビーチサンダルのひも部分が肌と擦れて水膨れができ歩くたびに痛くて泣きそうでした。
  • モルディブは膝くらいまでの遠浅の海の中にも魚がいっぱいなので是非シュノーケルセットを持って行くべきです。
    上からみていても見ることができません。
    というかゴーグルでのぞくまであんなにすばらしい世界が広がっているとは思いませんでした。
    現地で調達すると高いので、是非マスクとシュノーケルは持って行きましょう。
  • 沖縄でサンゴがあって、シュノーケルも楽しめるビーチには、水納ビーチ、瀬底ビーチ、古座間味ビーチなどがあります。

おすすめマリンシューズ

砂浜やコテージで寝そべってるだけならいりませんが、岩礁・サンゴの海でのシュノーケルや、マリンアクティビティを楽しみに行くのなら必須アイテムです!

これさえあれば、水陸両用で滝登りまで行けます(笑)

脱げずに安全!フィンのズレ防止にもなります♪

初めての人は、脱ぎ、履きを家でデモンストレーションしておいた方がいいかもしれません。


そこまではいらないわという方に、こちらはいかが?

クロックスの軽快な履き心地のサンダルです。歩きやすいよ♪
ビーサンみたいに、指の付け根が痛くなることもありません


おすすめマリングローブ

サンゴの海でのシュノーケリング、ダイビング、シーカヤックなどに参加するならあったほうがいいですよ♪


おすすめシュノーケルセット

本格的なものではありませんが、旅行用の軽量コンパクトなスノーケリングセット

マスク、スノーケル、フィンの3点セット! 
水の入らない魔法のスノーケルです♪



⇒もっと見てみる(デジタル機器、医薬品)
⇒もっと見てみる(バッグ、防犯、夜遊び)